感覚障害の世界


昨日、所用で電車で梅田に行ったときだ

西宮からたかが20分照井程度だけど

僕の足で杖で立続けるのはちょっとつらいので

座席に座わささせてもらった

しばらくすると、、

左側から板(というか壁というか、そんな感じの)ような「力」を感じた・・

で、僕の身体が右側に倒れそうになった・・

ふと、何かな・・

と思って左側を見ると、、

タンクトップのキレイな若い女性が居眠りをして

僕の肩に寄りかかっているではないか

そのとき、

僕は・・変な話だけど、

健常者の頃なら

自分の肩に(僕も半袖だったので)

女性の柔らかい肌を感じて

悪い気はしなかった

と思う・・(*^_^*)

でも今の僕は・・

「F」、

つまり物理で習ったの力学上の「F」

F:力=m×a(m=質量 a:加速度)

を身体全体で感じるだけなのだ・・

その力(F)の元が何か全くわからない・・

固いのか、柔らかいのかも全くわからない

つまり、皮膚の感触(触覚)もかかる圧力を感じる感覚(圧覚)もないのだ

だから、ただ力の学「F」だけを「しかも身体全体で」

左方向から感じ右方向に押されていることだけはしかわからない

「それ」が何か全くわからない・・

肌の感触で女性かどうかも僕の左半身にはわからない・・

た僕の左半身にとってはただの「力の壁」でしかないのだ

それって(変な意味ではなく)なんだかとってもさみしい気がした。。

こんな感覚はこのときがはじめてではない

人の多いところを歩いているとき向こうからくる人の肩と

自分左肩が部ぶつかっても

目で確認しない限り

僕には僕の左肩にぶつかったものが

人の肩だったのか

コンクリートの柱だったのかさえ

わからないのだ

たFだけは身体全体で

(もしかしたら右半身だけっかもしれないけど)

で感じることはできている

これが感覚障害の世界だ・・

脳って大切だな。。

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました