懐かしい記事・・かつて健常者だった証拠・・


懐かしい雑誌記事を見つけた・・

当時(大学生の頃)の僕が大事にしまっておいたのだろう

僕が全日本潜水連盟という

キューバダイビングライセンス認定団体主催の

フリッパーレースという足ヒレだけで競泳するという

実に超マイナーなスポーツの全日本の大会の結果の

記事がスキューバダイビング雑誌記事として掲載されて

いた。。

これでも当時の僕は全日本で2位になれた・・

超マイナーなスポーツだったけど、

それなりに多少の誇らしかった。

だから、この雑誌のこの月(1984年11月号だけ本棚の奥に

後生大事にしまってあったのだ・・笑

ちょっとは自慢してみたいから

その記事の僕のことを書いてある部分ををスキャンしてみた。。

レース記事

<順位表>

順位表

これを読むと

何より・・

自分が確かに健常者であったのだ・・という

実感が沸き、あの自分はどこへ行ってしまったのだろう・・

という不思議な感覚に襲われた。。

でもこの記事の1984年には

まぎれもなく自分が確かに健常者であった証拠になる・・

そして何より、

このレースで1位になった永井が

メダルとは別に

ロレックスのダイバーズウォッチ(当時35万円くらいだったと思う)

を贈呈されたのをみて

悔しかったことだけは今でも覚えている・・笑

今はどんなに高級なダイバーズウォッチなんか

もらっても無用の長物にしかならないが・・(/_;)

そして今、週に一度にリハビリで理学療法士さんに

いつも

「岡下さんの両足首は驚くほど柔らかく、ビックリするほど曲がりますね」

と言われるのは

この当時のトレーニングのせいなのかもしれないと思ったりもする。

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました