まだまだ甘い段取り・・


自分で言うのも何だけど、、

僕は健常者の頃、

何をするにもそこそこ段取り上手で、

結構手際が良かったと思う

それも、これも大阪の船場で丁稚奉公してきた叩き上げの親父が

僕に幼い頃から「段取り」「段取り」「段取り」

どんな仕事ももスムーズに進めるのはスピードではなく「事前の段取りで決まる」

と耳にタコができるかと思うほど

「段取り」という言葉を聞かされてきたからかもしれない

それが今、

僕は何をするにも手足が思うように動かない障害者・・

こんな今こそ「段取り」が重要ではないのか

自分の動きの限界を見極め、痛みや疲れがどれくらいでくるのかあらかじめ予測し

「段取り」をしなければいけない

今の僕は行く先を間違って

たった100m引き返すだけでもヘトヘトに疲れ、痺れや痛みが憎悪し、

その後は何もできなくなるくらい体力が消耗する・・

だからこそ、事前の「段取り」が重要・・

そんなことは分かっている

はずなのに・・

にも関わらず

僕の頭の片隅に

まだ健常者の頃の僕を想定して

「段取り」をする「奴」がいる・・

だから、、

もう半身麻痺になって4年半も経つのに

まだまだ「段取り」が甘く、この動かない身体で「やり直し」をして

ヘバってしまうときが多々ある・・

そんな自分が我ながら腹立たしい・・

と思うと同時に

まだまだ「段取り」が甘いな・・

と反省もしてみる

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました