病、老、死の捉え方


先日、10歳なる息子に

お化けとか、幽霊って怖いか?

みたいな話をしたとき、

息子はキョトンとして、

幽霊ってなあに?

という意外な質問が帰ってきて

どう答えれば良いか戸惑ってしまった

よく考えてみれば、

息子はまだ人の死に遭遇した事がないことに気が付いた

近所に墓地もなく、もしかしたら

息子にとって
人の死が現実感がないのではないか
と感じた

それは死だけでなく、老も同じだと思う

かつて、多くの日本人は両親、祖父母と同居する人たちが多かったものだ。

でも最近は人生の晩年を老人ホームなどのシルバー向け施設で過ごす人が増えているような気がする。

つまり、極端な言い方かもしれないけど、
今の社会は病人や老人をそうでない人たちから、隔離する傾向にあるような気がする
それはそれで、合理的なのかもしれないけれど、病や老いや死をわがこととして、とらえる心が希薄になっているような気がする

現代の日本は平均寿命が伸び、アンチエイジングのための商品(様々な健康食品など)や病気の治療法が開発され数多く出てきてはいるけど、そんな現代でも、老い、病、死から免れる人はいない

にも関わらず、病、老、死を自らの事としてとらえる心が希薄になっている気がする

このような状況は本当に良いのだろうか?

幸い?

僕の息子は僕が脳出血で障害者になった事によって、

父親が病でくるしんでいる姿を目の当たりにしているし、

父親が死ぬかもしれないという状況にも遭遇している

自分自身も僕の病気が遺伝した事により、

小さいうちから、脳手術などという大手術を経験している。

だから、少なくとも、

病に対してはキチンと向き合ってくれるような気がしている

息子の「幽霊ってなあに?]という

思いもよらぬ質問から

こんな事を考えさせられた・・

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました