死んでも這い上がる!Never Give Up !


僕にはネバー・ギブアップと自分の心を奮い立たせるときに

必ず思い浮かべるシーンがある

言わずと知れたスポ根映画の最高峰(だと僕は思っている)

映画『ROCKY』のこの場面だ。。

このアポロにパンチを食らい倒れてから起き上がるまでのほんの十秒ちょっとの

このシーンが僕の心を奮い立たせる・・

なぜなら、この倒れてからロッキーことシルベスタ・スタローンは四つんばいになって両手両足を

バタつかせながら必死で立ち上がる。セコンドではマネージャーのミッキーが

「立ち上がるな!そのままダウンしておけ!」

と叫んでいるにも関わらず、

必死で立ち上がろうとする

僕はボクシングなんて全くやったことがないけれど

やっぱりこのシーンのロッキーの心の中に

「今ここで終わらせない!死んでも立ち上がってやる!」

というNever Give Up !の精神を感じてしまう。

このシーンを初めて観たのはまだ僕が中学生の頃だったと思うけど

この十秒ちょっとのシーンに心が震えたことを覚えている

それから約35年後の今、僕は半身麻痺の障害者となり、人生のどん底に突き落とされた

いろんなことができなくなった自分を感じるとき、

痛くて、痺れて、痛くて、どうしようもなく苦しいとき

もう僕の人生はやっぱりこれで終わりか

と思ってしまうことなんて毎日のようにある

でも、そのとき

僕はこのシーンを思い浮かべるようにしている

そして思う

まだ終わらない!

死んでも再び這い上がる!

Never Give Up !

と・・

YOU TUBEにアップされていた動画の中からこのシーンだけを切り抜いて

またYOU TUBEアップした。。(^_^;)

僕は映画よりもロッキーシリーズの中でも

この10数秒間が

何よりも好きである

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました