今朝の自分にウソも誇張もない


今、痛みが和らいだ自分から今朝の自分を見つめると不思議に思う

なぜ、

あれほどまでに絶望感に見舞われていたのか・・

今となっては自分でもわからない

不思議なものである

そんな自分に、

あの山本周五郎さんの「落ち葉の隣り」の小説の以下の一節を思い出す。。

—————————————————————————
「死んじまいたい」と思いつめるそのときの気持には嘘も誇張もない。

ぎりぎりいっぱい、死ぬよりほかにないと思うのだが、そのときが過ぎて

しまうと気持もいつか変ってゆき、そんなに思いつめたことがばからしくさえなる。
—————————————————————————

これはまさに今朝の自分と今の自分だ・・

自分から見ても今朝の自分はおかしかったと思う。

痛みとは恐ろしいものだ・・

人の心をそこまで絶望感に陥れてしまうのだから

今思うと・・

自分のことでさえ分からないのに

他人様に分かってもらおうとする事に無理があると自分でも思う

ただあの泣き言だけは家族には言いたくなかった・・

最後に・・

今朝の記事にコメント頂いた早乙女純さんへ

潜水服は蝶の夢を見る」という映画

一度観てみますね

元ダイバーだったし・・

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました