死よりも苦しい「生きる」って存在する


僕が半身不随という障害者になって知ったこと

それは死よりも苦しい「生きる」というものが存在すること

そして今、この瞬間もその地獄のような「生きる」を必死で生きている人が存在すること

決し自分だけが苦しいのではないこと

難病といわれる病を背負って今を生きている人が存在する

一分一秒苦しみと闘いながら、生きる事よりも、むしろ死を望む人が多く存在する

そんな人たちには

「死ぬ覚悟で頑張れ」という言葉は通じない

そういう人生を生きている人が多く存在すること

を知っただけでも障害者になった意義があると感じる

地獄とはあの世ではなく、この世に存在するのだということを・・

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました