死は生の一部?


最近死は生の一部である。

そして死と生は別々のものではなく死は生きることに含まれているのではないか

なんてことを考えている

人は皆いつか死を迎える

そして死に至るまでに病と老が必ず来る

そうでなくとも事故や事件などに巻き込まれる場合もある

死に至る直前には必ず「苦」が存在する

ということは

死は単なる「苦」からの解放であり

苦を逃れるための生きる術ではないか

なんて人が聞いたら

「訳のわからん事言うな!」

といわれそうな事を考えている

僕の障害の苦しみも

単に死を迎える一歩手前の「苦」ではないかと・・

確かに一時期、僕は死はこの障害の不自由さと痛みと痺れの苦しみから

の永遠の解放ではないかと思っていた

生と死は完全に切り離してしまい

死は生の消滅と考えなくてもよいのではないかと思ったりもしている

輪廻転生ではないけれど

生と死は永遠に繰り返されていくのではないかと・・

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました