人の世は十筋、百筋分かれども、ただ一筋に誠踏み行く


「人の世は十筋、百筋分かれども、ただ一筋に誠踏み行く」

これは半身麻痺にもかかわらず無謀にも習い始めた、とある柔術の道場の300年前からの道場訓です。

この言葉、現代人にとって、とても大事なことだと思う。

今の日本、職業選択にしても、就職氷河期とは言っても、本当のところ求人数は沢山あるのだ。

大手「ブランド企業」の求人数がて減っているだけで、中小企業の求人意欲は強い。

実際には中小企業にとっては、「優秀な人材が来てくれない。ほしい」というのが実情だ。
若い頃はNTTコミュニケーションやら、トヨタやらソフトバンクやら「ブランド企業」に憧れるのも仕方ないと思う。でも本当は中小企業にこそ本当にやりがいのある仕事が待っていることに気づいてほしい。

そう考えると今の世の中、職業の選択肢はいくらでもある。

いくらでもあるからこそ迷うのだ。一つの道に精進することができない。

人の世は十筋、百筋分かれども、ただ一筋に誠踏み行く

大切な生き方だと思う。

投稿者プロフィール

岡下俊介
岡下俊介代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました