熱い気持ち


最近、やっとのことで障害に対して正面から向き合うことができるようになってきたと思う。
とはいえ、やはり辛いときは辛い。
手足の麻痺よりも痺れが最もつらい。
痺れが始まると、とても・・・どうしようもなく憂鬱になる。

これを乗り越えるには、「熱い気持ち」になるしかない。
「負けてたまるか」という気持ちにならないといけない。

今の課題は、絶えずこの気持ちを維持にするにはどうすれば良いかということだ。
幸い、NPO法人の事業の方も順調に進みつつある。
これがうまくいっていると気持ちも高揚しやすい。

熱い気持ち・・

いつまでもこの気持ちを維持したい

なぜ時間が経つと冷めてしまうんだろう。。。

熱い気持ちでいるときが最も町が充実しているうえに、体の痺れも楽だ!

心頭滅却すれば火も亦た涼しというが、

最近「熱い気持ち」でいられるときが「火も亦た涼し」という感じだ。

投稿者プロフィール

岡下俊介
岡下俊介代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました