瞬間、瞬間を精一杯生きる


本当に瞬間、瞬間が精一杯だ。。

朝起きてベッドから立ち上がるだけのことが

どうやってバランスをとるかまず考える。

足を少し引き体重を思い切り前に持っていく

そしてタイミングよく左脚を伸ばす・・

よいしょ!ヨロヨロとしながらもやっと立てた

たかがベッドから立ち上がるだけでこれだ・

どれから着替え

着替えだけで30分はかかる

だって左半身は感覚が無いから着れたかどうかは目で確認するしかない

だから背中側の服がめくれていてもわからない

だからか鏡で身体をねじって、更に首をねじって確認する

今度は食事・・

僕は左手で器が持てない

だから器の場所がとても重要になる

口から遠いと食べれない。

だからまず器の置き場所を考える

食べる順番もあらかじめ考える。

靴を履くときも同じ

カマチの段差の高さをまず見る

僕のひざの力で座れるか、

そして立ち上がれるか

何か掴むものはあるか

靴を履くときも必死だ。

まず健常の右足から履く

そして右足で片足立ちしてバランスをとりながら

感覚のない左足に靴を押し込む・・

でも感覚がないから履けたかどうかが感覚ではわからない

だから右手で履き具合を確認する

日常生活がすべてこんな具合だ。

毎日、毎日・・いわゆる「普通に生活する」だけで精一杯だ。

午前中だけで精魂尽き果てるときもある。

今思うと・・

健常者の頃、一挙手一投足をこれほどまで気を使い、

精一杯、そして真剣に頑張っていただろうか

もしそうしていたら、僕の人生も少しは変わっていただろうな。

少なくとも今は一挙手一投足気を使い、真剣に精一杯頑張って生きているつもりだ

いつまで気力が持つかわからないけど

こうして頑張っていれば、

今までより少しはまともな人間になれそうな気がする。

投稿者プロフィール

岡下俊介
岡下俊介代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました