自分を信じて生きる


僕はこのままでは終わらない

僕は障害もいつか回復する 

回復させることができるはずだ

心のどこかでそう信じていると思う

「自分を信じている」ところがあると思う

それは単なる自惚れかもしれないけれど

何の根拠もないけれど・・

その自信が意欲の源泉となっているように思う

僕はいつか必ず「できる」と・・

そう思えているからこそ、

心に希望を持つことができると思うのだ。

もし、自分を信じることができずに絶望してしまうと

意欲なんて湧かない・・

だってはじめから「できない」と思ってしまったら

意欲なんてな無くなる

自分を信じる

そこには何の根拠なんていらないと思う

人は皆、誰しも大なり小なり自分を信じていると思う

ほとんどの人は「自分は明日交通事故で死ぬ」とは

思っていないだろう。

もし「自分は明日交通事故で死なない」

と信じれなかったら

つまり

「自分は明日交通事故で死ぬかもしれない」

なんて思っていたら、

ビクビクして意欲なんて出ないだろう

つまりほとんどの人は

「自分は明日交通事故で死なない」

と信じている

そこに何の根拠もない

信じることに根拠なんて必要ないのだ

根拠なんてて無くても信じれば良い

信じることで、意欲が湧き、意欲は知恵を生む

だから成長できる、進歩もできる

そうやっていくことで希望や目標や志が

本当に達成できるのではないだろうか

だから僕ももっと自分を信じよう

自惚れでも良い

自分だけはできるというほどに

周囲が何と言おうと自分を信じよう

馬鹿じゃないかといわれるほどに

自分を信じても良いじゃないのだろうか

それで意欲が湧くのなら・・

投稿者プロフィール

岡下俊介
岡下俊介代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました