無欲と無気力


最近感じる事・・

無気力になる人は決して欲求が弱いわけではない

のではないか

むしろ人よりいろんな欲求強いのではないかと思うのだ

なぜなら

「欲求が多く、その欲求も強いが、その欲求をいくら頑張っても満たされない」

そんな状況で無力感に襲われ「無気力」に陥ってしまうのではないかと思う

これは僕自身の今の状況に似ていると思うからだ・

半身不随になって、実は僕は一倍欲求が強かった(のではないか)

僕はありとあらゆることができなくなってしまった

結果としてどの欲求も、

いくら頑張っても満たされない

他にも

やってもやっても否定されるとか 認められない

そんなことを感じたとき何もする気がなくなるからだ・・

むしろ自ら「無私無欲」と唱えていた方が目の前のやるべきことを

淡々と粛々とこなせるような気がする

そんな意味で無欲と無気力は似ているようで全く別物だと思う

人間は無私無欲に限りなく近づいた方が大きな力になるのではないか

その意味で無私無欲に近付くことができた人間の方が、むしろなまじ欲求が強い人

よりも精神的に安定し強いのではないかと思う

投稿者プロフィール

岡下俊介
岡下俊介代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました