ときどき思い切り、気持ちが折れそうになる・・・


ほんの小さなことでも、よくないことが重なると気持ちの

リセットがきかず気持ちが折れやすくなることがある

ほんの小さなことでも、よくないことが重なると

気持ちのリセットがきかず、気持ちが折れやすくなるものだと思います。

普通なら自分で抑えきれるはずのことでも

連続して起きてしまうと、自分を見失ってしまう

僕の場合手足が不自由思うようにできないことを無理に(意地になって)繰り返すたりすると

たかがそんなことで、何もかもが悲観的に見えるようになってしまう

自分でも情けないと思いながらもどうしようもない

そして更にひとりでいるときは本当に自分を見失ってしまうかと思うほど

悲観的になり、心が折れそうになる・・

だからひとりはいけない・・

絶対にいけない・・

今僕は家にひとりだから余計に心が折れそうになる

片手で野菜が切れないとか・・

そんなつまらないことで・・だ

「(今はもう)できないこと」

を無理に(意地になって)繰り返すと

健常者の頃の自分が頭の中に蘇るから始末が悪い・・

自分でもバカだと思う

過去を振り返っても仕方がないことは理屈では分かっているのに・・

そんなとき

やっぱり

息子を想う

目指す志を想う 想う・・そしてそれだけを考える

そして自分を奮い立たせる

自分のバカヤロー!と・・

そして・・同志(NPOの)に電話してしまう・・

そんな風にジタバタして、ネガティブスパイラルから自分を引きずりだす・・のだ

ここのところそんな毎日である・・

どうもいかん・・

さみしいのかな・・

投稿者プロフィール

岡下俊介
岡下俊介代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました