4年の歳月は長い


回復を諦めない・・

発症当初はそう思っていた・・

しかし、発症からもうまもなく4年が経とうとしている

リハビリ病院を退院してからというもの、大きな回復の兆しもなし

4年という歳月は心のテンションを維持するには長すぎる

ほんの少しでも良いから回復の兆しが見えてほしい

4年も経つと心のどこかで諦めている部分があると思う

(理性では)諦めてはいけないと分かっているけれど・・

4年間プラトー(停滞)な状態はさすがにツライ・・

心のどこかでもうこの障害を一生背負っていこう

という覚悟を決めている部分がある自分がいる・・

悔しいけれど・・

負けたくないけれど・・

後遺症って・・ある脳外科医が僕に言った言葉が忘れられない・・

「治らないから後遺症と言うんですよ」・・この言葉、辛かった・・

後遺症は過去にはならないものなのだろうか

投稿者プロフィール

岡下俊介
岡下俊介代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました