コーチングを初めて生業に決めたときの心境 人間の生き方

コーチングを初めて生業に決めたときの心境

15年前の2008年、リーマンショックが起きるまで、僕は元気なIT企業の社長でした。しかし、リーマンショック後、ある日突然、脳出血によって左半身不随の身体障害者になってしまいました。その後、状況は一気に悪化し、自己破産と離婚を経験し、かつての成功を夢見ていた生き方からは程遠い人生が待っていました。痛みと苦悩に満ちた日々が続く中、脳出血によって左半身不随の身体障害者になってから15年経過した今年、やっと僕は自分の残された力をコーチングに最大限に活かすことを決心しました。僕が持っていたスキルと経験を活かして、片手でできるコーチングビジネスを始めました。このビジネスは、話をするだけで人々を支援することができるため、僕にとって最適な選択でした。それから14年間視床痛の疼痛に耐え続けました。そうして14年後、僕はコーチングに出会い、そののスキルを磨くと決意、そして、次第にクライアントが増え始め、再び起業家としての道を歩み始めることができました。そ15年は決して楽ではありませんでしたが、僕は常に前向きな姿勢を保ち続けました。この困難な状況の中で、僕は他人の人生にも影響を与えることができる存在になり...
半身不随の障害者でコーチングビジネスを始めた 人間の生き方

半身不随の障害者でコーチングビジネスを始めた

このブログのトップページも書きましたように僕は2008年9月のリーマンショック影響半身不随の障害者となりました。当初は自分の体の不自由さで自分に自信を失い、将来に対する不安に苛まれる日々が続きました。 しかし、時間が経つにつれ、自分が抱える障害に対して向き合い、乗り越える力を身につけることができました。 そして、一昨年コーチングの存在を知り、自分は「失敗したものの」会社経営経験もあり、経営コンサルタント経験もありますのでコーチングビジネスで成功することが達成したい事としてを自分自身が人生において明確なりました。このコーチングは自分私の人生にとって、大きな転機となったものでした。 そこで僕私はコーチング講習を受け、コーチング認定試験に合格しました。自分自身がコーチングを通じて受けたサポートに感謝し、同じように、自分自身の経験を活かして、他の人々が人生において、自分らしい幸せな生き方を見出すお手伝いをしたいと思っています。 半身不随の障害を抱えることにより、人生が厳しくなることもあるかもしれません。 しかし、私自身がコーチングを通じて、自分自身を取り戻すことができたように、私のコーチングビ...
「負け犬になりたくない」が僕の人生の本質 戯れ言

「負け犬になりたくない」が僕の人生の本質

「負け犬になりたくない」僕はずっとそう思って生き抜いてきたつもり。それは僕がまだ中学生の頃の事。水泳部だった僕だったその水泳部は県下ナンバーワンというくらいの練習量とスパルタ監督今なら、体罰教師だ!暴力教師だだ!パワハラ教師だと言われたであろう監督だった僕はその体罰にも「頑張れ!もう少し耐えろ!そうしたら勝てるぞ!」という声が聞こえていた。だからその体罰にも監督の「愛」さえ感じていた。だから、厳しいスパルタ練習にも耐えれた。今の若者達にこんな事を言っても「洗脳されていただけじゃない!」などと受け入れられないだろう。でもこれは実体験した人間にしか分かりません。決して洗脳されていた訳じゃない!そんなスパルタ練習に耐え続けた中学3年の秋の中学での最後の県大会・・練習なら1位(優秀賞)できるタイムを出せていた。しかし、本番の秋の中学での最後の県大会当日緊張していたのか2位だった・・僕はそれにショックを受け、受験の勉強に専念したいという「言い訳」をして退部を申し出た。そのとき監督に言われた言葉・・「そんなことでは一生『負け犬』の人生になるぞ!」この一言で涙があふれ出てきた、その涙もその日の間中、...
働き方改革はこれで本当に良いのか? 勝手気ままな戯言

働き方改革はこれで本当に良いのか?

久しぶりに記事を書きます。 ブログ再開です。 というのは最近のいわゆる「働き方改革」という制度?、制度というよりポリコレに過ぎないと少なくとも僕は感じています。 なぜ「働き方改革」に問題意識を持ったかと言うと、以前から問題だと感じていましたが、最近、障害者枠で勤め始めた会社が この働き方を忠実に実行しているようで、ほとんどの場合、残業は認められず、定時で帰宅しないといけないからなのです。 たとえ、仕事が多少遅れていようが、仕事が中途半端な状態であろうが、定時に帰宅しないと問題行動と捉えられてしまうのです。 僕はIT系の会社を立ち上げる前に勤めていたIT系の会社(このIT系会社から独立して会社を立ち上げた)の社長から 常日頃から 「仕事にはプロ意識を持て!クライアント様から依頼された仕事は徹夜してでも完了して完璧なサービスや製品を納期までに作り上げて納品しろ! それがプロだ!プロはサービスの対価としてお金を頂くのだから完璧なサービスや製品を納期までに作り上げて納品するのは当たり前だ! それができなければ、お金(給与)を貰う資格は無い!」 という主旨の言葉を口酸っぱく言われてきたためか、 ...
コレではもう無理かな 戯れ言

コレではもう無理かな

この半身不随の障害者の身体 世帯は別にしろ プレハブのようなこの住まい 夏は酷暑、冬は極寒 この環境で眠れず身体が悲鳴をあげているのが分かる 電力は夏は冷房で2万冬は暖房で4万 一昨年の大腿骨骨折入院で貯蓄は使い果たす 給与は母の生活費と息子の養育費で赤字 半身不随の障害者の身体では限界だな 弟の言うとことは母は全て是 私の言うとことは是全て非 失敗だらけだったけど、 自分なりに精一杯生きたよな でも、もう生きる意味を感じない もう疲れたなぁ 還暦はもういいな
戯れ言

私には才能はない、つまり天才肌ではないので書籍を読むスピードが非常に遅い

私には才能はない、つまり天才肌ではないので書籍を読むスピードが非常に遅いが、その代わり、普通の人より10倍くらい書けないと1冊の本を読むことができない。 おおむね1冊の本を読むのに1ヶ月はかかってしまうのが僕だ。その代わり、文章の行間に著者が言わんとしていることが隠されている事を感じることが多いので、それを読み取ろうとして1行1行をじっくり読んでしまうために私は本を読むのが遅くなってしまう傾向にあると思う。そのかわり、 1ヶ月という時間をかけて1冊の本を読んだ後にはその本に書いてある文字情報だけでなく、その著者が言わんとしていることをしっかりと理解できている様な気がしている。これは自分の惚れなのだろうか?
人間について

新型コロナの騒ぎ方は間違っていると少なくとも僕は思うのだが・・・

今月1月に入ってからも、毎日のように新型コロナの感染者が最多!最多!って マスコミの視聴率稼ぎなのか、新聞の販売部数稼ぎなのか知らないけれど マスコミは騒いでいる。  読者や国民はネット等で、 この煽りに乗せられて 政策批判しているのではないかと 少なくとも僕はそんな気がしている。   過去の推移を調べてみれば分かりますが、 感染者の増減は政策とは (マスコミと野党は政策批判しているけれども) 政策とは何の関係もないと少なくとも僕は感じている。 以下のインフルエンザ感染者推移グラフと同じように 季節の変化に合わせて 新型コロナ感染者数も 現在のところ2月頃をピークに増加しているように思えます。 とある都市の過去のインフルエンザ感染者の増加推移グラフ   今回の新型コロナ感染者の増加推移グラフ東洋経済オンラインより転載   それを政策の悪さのせいにするのはナンセンスだと少なくとも僕は感じている。 上述のインフルエンザ感染者推移グラフを見る限り、 新型コロナ感染者数はで、 2月をピークにまだまだ感染者は増加する予測できる。 これは、どんな政策を打っても変わらないのではないだろうか なぜなら...
人間について

新型コロナ自粛要請による景気後退による地獄を見るのはこれからだ!

やっと新型コロナの緊急事態宣言が解除されて自粛要請もなくなり、 これから経済が回復するであろうと考えている人たちも少なくないのではないか? 景気後退はこれからが本番 しかし僕はそんなに甘いものではないと考えている。 自粛要請による景気後退で地獄を見るのは これからが景気後退の本番 だと少なくとも僕は思っている。 なぜなら自粛要請により 会社の倒産や個人事業主の自己破産などの法的な決定は決まり、 免責決定等がされ、 債権放棄されるのは半年以上先になると思うからだ。 なぜならこれらの法的措置は裁判所に弁護士とともに申請し、 決定されるまでにはおよそ3ヶ月から半年以上かかるからだ。 (あくまでもこれは僕が2008年のリーマン・ショックで脳出血で倒れ 自分の会社を倒産させ、自分自身も破自己産した経験からの推測に過ぎないが) そこで初めて法的に倒産や自己破産などが決定し、免責決定などなされ、 債権放棄され、最終的な倒産や自己破産となるからだ。 日本だけでなく世界の景気後退は本格的になるのは来年以降 これからが本当の正念場である と少なくとも僕は考えている   だからこそ、今年ではなく、 来年以降...
人間について

検察庁法改正の問題について思う事

news.yahoo.co.jp 上記のニュースの検察庁法改正の問題について少なくとも僕が思うことだけど、ライブドア事件、防衛省汚職事件や西松建設事件等に象徴される特捜検察の不振・迷走、富山強姦事件志布志選挙違反事件及びく足利少女殺人事件での冤罪等を考慮すると少しは検察権力を弱める為にも、今回の検察庁法改正は必要じゃないのだろうか?法律の素人の僕だけど、少なくとも僕には現状のままでは、三権分立の権力が検察に偏り過ぎている感が否めない気がのだが・・
人間について

日本が新型コロナ感染者数少なくできた(わけ)訳

昨日、以下のようなニュースを見ました。 headlines.yahoo.co.jp 海外で、日本が結果的には世界で最も死亡率を低く抑えた国の一つである事に疑問を呈しているようです。   これは事実で、確かにこの記事で言われるように日本の新型コロナウイルス感染対策はことごとく見当違いに見えるにも関わらず不思議だとは思います。日本人でも不思議がっている人はいると思います。 しかし僕はその要因は日本人の生活様式や清潔な生活習慣だという単純な要因ではないと少なくとも僕は思います。 これは僕の主観でしかありませんが「命令」という明確な形よりやめ「要請」という曖昧な形でソーシャルディスタンスや不要不急の外出自粛を「要請」したという 「ゆるい」政策で新型コロナ感染者を低く抑えられた理由ですが、この理由も曖昧ですが日本独特の文化が影響しているように少なくとも僕には思えるのです。   これは企業文化等の経済的な面でも同じ事が言えるのではないかと思います。日本の企業はあの松下幸之助に代表されるように自主性を重んじる文化が企業同様にあるように少なくとも僕は思います。   反対に上から絶対的に「命令」という形...