勝手気ままな戯言

働き方改革はこれで本当に良いのか?

久しぶりに記事を書きます。 ブログ再開です。 というのは最近のいわゆる「働き方改革」という制度?、制度というよりポリコレに過ぎないと少なくとも僕は感じています。 なぜ「働き方改革」に問題意識を持ったかと言うと、以前から問題だと感じていましたが、最近、障害者枠で勤め始めた会社が この働き方を忠実に実行しているようで、ほとんどの場合、残業は認められず、定時で帰宅しないといけないからなのです。 たとえ、仕事が多少遅れていようが、仕事が中途半端な状態であろうが、定時に帰宅しないと問題行動と捉えられてしまうのです。 僕はIT系の会社を立ち上げる前に勤めていたIT系の会社(このIT系会社から独立して会社を立ち上げた)の社長から 常日頃から 「仕事にはプロ意識を持て!クライアント様から依頼された仕事は徹夜してでも完了して完璧なサービスや製品を納期までに作り上げて納品しろ! それがプロだ!プロはサービスの対価としてお金を頂くのだから完璧なサービスや製品を納期までに作り上げて納品するのは当たり前だ! それができなければ、お金(給与)を貰う資格は無い!」 という主旨の...
戯れ言

コレではもう無理かな

この半身不随の障害者の身体 世帯は別にしろ プレハブのようなこの住まい 夏は酷暑、冬は極寒 この環境で眠れず身体が悲鳴をあげているのが分かる 電力は夏は冷房で2万冬は暖房で4万 一昨年の大腿骨骨折入院で貯蓄は使い果たす 給与は母の生活費と息子の養育費で赤字 半身不随の障害者の身体では限界だな 弟の言うとことは母は全て是 私の言うとことは是全て非 失敗だらけだったけど、 自分なりに精一杯生きたよな でも、もう生きる意味を感じない もう疲れたなぁ 還暦はもういいな
戯れ言

私には才能はない、つまり天才肌ではないので書籍を読むスピードが非常に遅い

私には才能はない、つまり天才肌ではないので書籍を読むスピードが非常に遅いが、その代わり、普通の人より10倍くらい書けないと1冊の本を読むことができない。 おおむね1冊の本を読むのに1ヶ月はかかってしまうのが僕だ。その代わり、文章の行間に著者が言わんとしていることが隠されている事を感じることが多いので、それを読み取ろうとして1行1行をじっくり読んでしまうために私は本を読むのが遅くなってしまう傾向にあると思う。そのかわり、 1ヶ月という時間をかけて1冊の本を読んだ後にはその本に書いてある文字情報だけでなく、その著者が言わんとしていることをしっかりと理解できている様な気がしている。これは自分の惚れなのだろうか?
人間について

新型コロナの騒ぎ方は間違っていると少なくとも僕は思うのだが・・・

今月1月に入ってからも、毎日のように新型コロナの感染者が最多!最多!って マスコミの視聴率稼ぎなのか、新聞の販売部数稼ぎなのか知らないけれど マスコミは騒いでいる。  読者や国民はネット等で、 この煽りに乗せられて 政策批判しているのではないかと 少なくとも僕はそんな気がしている。   過去の推移を調べてみれば分かりますが、 感染者の増減は政策とは (マスコミと野党は政策批判しているけれども) 政策とは何の関係もないと少なくとも僕は感じている。 以下のインフルエンザ感染者推移グラフと同じように 季節の変化に合わせて 新型コロナ感染者数も 現在のところ2月頃をピークに増加しているように思えます。 とある都市の過去のインフルエンザ感染者の増加推移グラフ   今回の新型コロナ感染者の増加推移グラフ東洋経済オンラインより転載   それを政策の悪さのせいにするのはナンセンスだと少なくとも僕は感じている。 上述のインフルエンザ感染者推移グラフを見る限り、 新型コロナ感染者数はで、 2月をピークにまだまだ感染者は増加する予測できる。 これは、どんな政策を打っても変わらないのではないだ...
人間について

新型コロナ自粛要請による景気後退による地獄を見るのはこれからだ!

やっと新型コロナの緊急事態宣言が解除されて自粛要請もなくなり、 これから経済が回復するであろうと考えている人たちも少なくないのではないか? 景気後退はこれからが本番 しかし僕はそんなに甘いものではないと考えている。 自粛要請による景気後退で地獄を見るのは これからが景気後退の本番 だと少なくとも僕は思っている。 なぜなら自粛要請により 会社の倒産や個人事業主の自己破産などの法的な決定は決まり、 免責決定等がされ、 債権放棄されるのは半年以上先になると思うからだ。 なぜならこれらの法的措置は裁判所に弁護士とともに申請し、 決定されるまでにはおよそ3ヶ月から半年以上かかるからだ。 (あくまでもこれは僕が2008年のリーマン・ショックで脳出血で倒れ 自分の会社を倒産させ、自分自身も破自己産した経験からの推測に過ぎないが) そこで初めて法的に倒産や自己破産などが決定し、免責決定などなされ、 債権放棄され、最終的な倒産や自己破産となるからだ。 日本だけでなく世界の景気後退は本格的になるのは来年以降 これからが本当の正念場である と少なくとも僕は考えている   だからこそ、今年ではなく、 来年以降...
人間について

検察庁法改正の問題について思う事

news.yahoo.co.jp 上記のニュースの検察庁法改正の問題について少なくとも僕が思うことだけど、ライブドア事件、防衛省汚職事件や西松建設事件等に象徴される特捜検察の不振・迷走、富山強姦事件志布志選挙違反事件及びく足利少女殺人事件での冤罪等を考慮すると少しは検察権力を弱める為にも、今回の検察庁法改正は必要じゃないのだろうか?法律の素人の僕だけど、少なくとも僕には現状のままでは、三権分立の権力が検察に偏り過ぎている感が否めない気がのだが・・
人間について

日本が新型コロナ感染者数少なくできた(わけ)訳

昨日、以下のようなニュースを見ました。 headlines.yahoo.co.jp 海外で、日本が結果的には世界で最も死亡率を低く抑えた国の一つである事に疑問を呈しているようです。   これは事実で、確かにこの記事で言われるように日本の新型コロナウイルス感染対策はことごとく見当違いに見えるにも関わらず不思議だとは思います。日本人でも不思議がっている人はいると思います。 しかし僕はその要因は日本人の生活様式や清潔な生活習慣だという単純な要因ではないと少なくとも僕は思います。 これは僕の主観でしかありませんが「命令」という明確な形よりやめ「要請」という曖昧な形でソーシャルディスタンスや不要不急の外出自粛を「要請」したという 「ゆるい」政策で新型コロナ感染者を低く抑えられた理由ですが、この理由も曖昧ですが日本独特の文化が影響しているように少なくとも僕には思えるのです。   これは企業文化等の経済的な面でも同じ事が言えるのではないかと思います。日本の企業はあの松下幸之助に代表されるように自主性を重んじる文化が企業同様にあるように少なくとも僕は思います。   反対に上から絶対的に「命令」という形...
人間について

新型コロナはパンデミックじゃないかも|自粛「要請」は間違い(と少なくとも僕は思う)

このブログのタイトルにあるように、新型コロナのパンデミックじゃないかもしれないと考えることについてまずは説明したいと思います。 まず、新型コロナは本当はパンデミックなどではないのではないか?とずーとなんとく直感で感じていたので自分なりにインフルエンザ(死者も含めた)感染者数データとの比較をして調べて考えていたのです。 その調べた結果を少しまとめたのが以下のようになります。 ■日 本★2017年~2018年インフルエンザ感染者数:188万6251人死亡者数:3323人データ元厚労省データ(以下のURLのPDFファイルより抜き出し) www.mhlw.go.jp ★2020年新型コロナ5月7日18時までの累計感染者数: 1万5,463人死亡者数:551人データ元Yahoo!ニュース hazard.yahoo.co.jp ■アメリカ★2017年~2018年インフルエンザ感染者数:2200万~3100万人死亡者数:6万1000人データ元東洋経済新聞 死者1万人超、アメリカで「インフル猛威」のなぜ-2年前はなんと6万人以上が亡くなっていた/ar-BBZYIOn ★2020年新型コロナ累計 ★2...
人間について

新型コロナは本当にパンデミックなのだろうか?

新型コロナは現在、パンデミック状態だと(マスコミが扇動して?)騒いでいるけれど、本当に「パンデミック」なのだろうか? 冷静にデータを調べてみた。 確かに新型コロナは現在、世界の感染者 210万人超 死者 14万人超となっている。ではインフルエンザどうであろうか?インフルエンザの場合、アメリカでは2020年2月1日までの1週間だけで罹病者数は400万人だという。 また日本では新型コロナは2020年4月17日現在、感染者9167人 死者148人だという。   また、アメリカ疾病対策センター(CDC)によると、昨年10月1日以降2月1日までの間にアメリカ国内で合計2200万~3100万人がインフルエンザにかかり、来院は1000万~1500万件で入院件数は21万~37万人、死亡者は1万2000~3万人となったと推定しているということです。 インフルエンザはワクチンもあり、予防接種もあるではないかとは軽く見過ごされがちだが、それにも関わらずCDCによるとアメリカでは例年1万2000~5万6000人がインフルエンザで死亡するとしているということです。 また、2017年〜2018年シーズンは悪夢のよ...
人間について

保護中: 全てはこの出来事から・・・

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
エコブログ

原子力発電の可否

原発反対運動について代替案なき反対運動について攻撃したものの、僕もちょっと気になって、本当に代替案が存在しないのか、原発に替わる電力エネルギー供給方法が本当に難しいのか調べてみた。そうしたら驚くべきことが判明した。原子力発電の出力規模自体は、他の発電方法と比べて圧倒的に優位だった。原子力発電:118~136万Kw石油火力発電:35~50万Kw水力発電:1~2万Kw(資源エネルギー庁のデータ)これだけを見ると、やっぱり現在のところ原子力発電は必要不可欠と思える。しかし発電コストを調べてみると驚くべきことに、水力発電や火力発電と大きな差がないのだ。原子力発電:7.2円/Kwh火力発電 :8.3円/Kwh水力発電 :13.3円/Kwh(資源エネルギー庁のデータ)ウーンこんなに差がないのだ。つま出力規模では圧倒的に巨大な発言力を持つ原子力発電だが、その原子力発電設備もしくはウラン燃料などのコストが膨大であるというわけだ。これほど高コストであるとは思わなかった。これなら、現在高コストであるといわれている太陽光発電や風力発電の発電効率のアップの研究を真剣に行えばペイラインまで来るかもしれない。ちな...
エコブログ

スローライフという幻想

最近「スローライフ」とかいうものを求めて、田舎暮らしにトライする人がいるが、ほとんどの人が挫折する工業化社会、競争社会というものを否定しいるにもかかわらず、工業化社会、競争社会の恩恵に授かりながら田舎暮らしをするという矛盾残念ながら地球には全人類を養うだけのエネルギーも食料もないというのが現実だ、人が生きていきためには生産性向上技術は不可欠だそして省エネ技術も・・工業化社会を否定する人たちは・・現実逃避しているに過ぎない。この日本も工業化社会の中で、日本人特有の粘りと妥協のない職人魂で昼夜を問わず、技術開発をしてきた先人のいおかげで、世界に誇る技術立国となれ、富をえることができ、現在の豊な生活を享受できているのだということをわすれてはならない。インターネットの普及もあり、否応無く、グローバル化が進む現在では競争は必須となり負けた者は耐えしのぐしかないのが本当の現実だ。この私自信も障害者になっても誰も面倒は見てくれない、まだ47才なので家の大黒柱のままで稼がなければならない。「隠居」など許されない。これが現実だ。世の中そんなに甘くない無邪気に昔の田舎を懐かしむ団体は、工業化の波が押し寄せ...
エコブログ

イノベーションに対する執念を忘れた日本の技術者たち

日本は技術立国である。絶えざるイノベーションにより生産性の向上に努力してきた。今、日本の技術開発者の多くは、電子制御に依存している。「知恵」を使わない。昔の日本人技術者はコンピューターもなく、自分の知恵だけが頼りであった。資源もなく土地も少ない日本では省エネ技術、効率化など生産性向上が国の存亡に関わる重要課題であった。だから生産性向上の技術イノベーションに対して、「執念」があった。私の先輩技術者も驚くべき執念があった。どう考えても矛盾するクライアント企業からの要望に対しても、何が何でも実現するという執念があった、恐ろしく地道で退屈な実験は重ね、ギリギリ矛盾点がなくなるポイントを探していくのだ。こういう執念が日本を技術立国として日本を世界に名だたる。経済大国に押し上げたのだ。それgが今の若い技術者はpパソコンのシミュレーション機能を駆使し、現場で地道なの実験を怠り、以如何に楽して研究開発するか。。というメンタリティである。これでは日本の技術力が衰退の一途をたどるであろう。今後世界的なエネルギー不足や地球温暖化などの気候変動に対処するため、世界は日本の技術に注目するであろう。若い技術者は先...
エコブログ

エコ技術紹介サイトの支援者が急激に増えてきた

僕が自分自身がまだ少しでも役にたつことができるのか挑戦の意味で下記のような日本の環境・防災技術のを世界に向けて紹介するサイトを作りました このサイトに対して、ここにきて思わぬ支援者が急に現れてきた。海外から数億円規模の投資オファー来た。。思わぬことにもう驚愕である初めはスパムメールか冷やかしだと思っていたが、どうも本気のようで、投資契約を交わすまでに話が進んできてしまっている。この海外からの数億円規模の投資オファー以外に、友人の元超大手IT会社のトップセールスマンからは、帝国データバンクネットーワークへの紹介支援や、中国語版への展開支援などの支援もしてくれるという。全く予想外の展開である。こんな肢体障害を持つ状態で運営できるのだろうか。不安がある。。でも世の中の役に立つという意味ではやりがいがある。一時は自暴自棄になって、生きる望みさえ失いかけていた僕に神様がご褒美をくれたのだろうか。多くを望むつもりはない。 どんなにお金を積んでも私の障害が治癒することはない今はただ、少しでも役に立つことができているとかんじることができ、生きがいがあること、それだけでうれしい。
エコブログ

障害者の私でも世の役に立てるのか

現在地球温暖化などの地球環境変動による災害が人類の課題になっている。温暖化の原因についてはCO2の原因説に対する懐疑論も非常に多い。太陽の黒点影響説(黒点説では今後地球は寒冷化し、氷河期を迎えるという論者もいる)宇宙線原因説原因などどうでもよい。少温暖化するにしろ、寒冷化するにしろ、エネルギー需要は高まるので有限のエネルギー資源のなかで省エネ技術は重要であるそこでこんなサイトを作ってみた。動く右手一本だけで作った。少し自慢である(*^^)v(左手は全廃なので全く動かない。元々左利きだったので辛い・・)日本の環境・防災技術を世界に紹するサイトです。世界は今日本の環境・防災技術二注目しているにもかかわらず、日本は世界へのアピールがヘタクソである。鳩山首相も無責任なCO2の25%削減を世界に約束してしまって、後は放置である。日本企業を世界へアピールして産業振興する責任があるのではないか。おぼっちゃんにはわからんか。。そこで障害者の私が作った。少しでも世の中の役に立てるかちょうせんしみたいと・・いう思いだけで後先考えずに立ち上げた。そしたら、最近海外から数億円単位の投資オファーが舞い込んできて...
エコブログ

人間の脳の無限の可能性と日本の製造業の現場の職人さんの能力

間の脳細胞の組織は米粒程度の大きさの中に10万個のニューロンとx200万本の軸索と100億個のシナプスのオン・オフ機能と相互のコミュニケーションで判断しており、その順列・組み合わせの数は 論理的には全宇宙素粒子量より多いという論文を読んだことがある「全宇宙素粒子量より多い!」・・ということは、人間の脳の方がスパコンよりも情報処理能力があるのではないだろうかコンピュータのような正確性はないが、人間の直感の方が正しいことが多々あると思う。いわゆる「予感」とか。「直感」など、経験による「確信」みたいなものであるある意味人間の直感の方が正しい判断である場合が多々あるのではないかこの能力を最大限生かしているのが日本の技術の職人さんではないかと思う。長い長い修行の末に脳にインプットされた膨大の情報を駆使してモノ作りができるのが日本の製造業の現場の職人さん達ではないかと思ういずれにしても人間の脳には無限の可能性があるのではないだろうかと思い人類の将来に楽観的に感じている今日この頃である。地球温暖化などの気候変動や食料不足、エネルギー枯渇にも人類の英知、日本の技術力や知恵をもって対処すれば克服できると...
エコブログ

肢体障害者の私にでもできること:日本の環境技術の世界への紹介

左半身麻痺の障害者となり、一時は絶望していたが残された右手だけでできることはないかこの一年間問い続けた。外出もろくにできない身体だが、幸い今の世の中インターネットがある。以前やっていた日本の伝統技術や伝統工芸品などの世界への紹介・販売サイトを改良して今、世界的に問題になっている地球温暖化(正確には地球温暖化だけでなく寒冷化や地殻変動も含む自然災害)に対処するため日本の環境技術を世界に紹介スするサイトを作ってみた。日本の環境技術・防災技術・省エネ技術は世界でも最先端である。今こそ、技術立国の日本は自国の技術を世界にアピールし、世界に貢献すべきときであると思う現在不況といわれているが、日本にとっては最大のチャンスだと思うのだが・・鳩山総理は何の根拠もなくCO2 25%削減を約束してしまった。この責任はどう取るのだろうかそもそも地球温暖化は人為的なCO2排出が原因ではないという議論が巻き起こっている今後寒冷化に向かうという可能性もあるようだ。CO2 25%削減という制約がどれほど経済社会に大きな負担を強いていしまうのかわかっているのだろうか。日本経済が破綻しかねない目標である。問題は、温暖化...
エコロジー

やっぱりわからない原発固執

さっきまでNHKで「メルトダウン」という福島第一原発事故の原因究明のドキュメンタリー番組をやっていたけどやっぱり、わからないなぜ、政府(経産省?)が原発推進に固執するのか・・一度事故が起きるとあれほど予測不能で且つ収集不可能な事態に陥る非常にリスキーな原発をなぜそれほどまでに推し進めようとするのか確かに原発ほど出力変動少なく且つ安定した発電装置はない事は認めるけど・・原発に関わる多くの(中小・零細企業も含めた)企業の存亡がかかっている事も理解できるけど・・・それでも・・そこまで危険を冒す必要があるのだろうかと感じた。日本ほどの技術力があれば、(政府が本気にさえなれば)原発に代わる安定した発電装置と電源を顔開発し、作り上げられると僕は思うんだけどなぁ・・やっぱりわからない・・原発推進に固執するその本当の理由が・・メディアもメディアで表面しか報道していないような気がする。もっと本質(原発推進に固執する本当の理由)まで切り込めないのだろうかやっぱりわからない・・
エコロジー

来週は世紀の大一番

来週は日本の再生可能エネルギー技術を世界に普及させる事ができるかどうかの大一番勝負だ!残念ながら日本国内への普及は利権の壁だらけで時間の無駄だと分かったから諦めた。中東から攻める!来週が大一番だからどうも眠れないわれながらあかんたれやな~
エコロジー

ギニア行きが本当になりそうだ!

今日さっきまで、アフリカギニアのルートの会社と打ち合わせをしていた。とうとう赤道ギニアへの浄水化プラントの導入が本格的に動き出した!憧れのアフリカに行ける日が近付いてきたようだ!?のような本当の話だ!打ち合わせが終ったあと午前中のネガティヴな精神状態がウソのように気持ちがポジティブになっていた!(我ながら現金な奴だと思うが、、苦笑)よし!頑張るゾ!負けてたまるか!この案件に比べたら、午前中の僕の悩みなんて小さな小さな小さな小さなものに見えてきた!やっぱり心の持ち方で全てが変わる!iPhoneからの投稿
エコロジー

意地の九州再生可能エネルギーエンジニアリング企業巡りの旅

昨日と今日はひとり3ウェイバッグにノートパソコン入れ、背中に担ぎ、九州の再生可能エネルギー技術を開発している中小企業を訪問してきた。半身麻痺のこの身体には正直キツかった。背中ノートパソコンが重く足が思うように動かない。足首の爪先が上がらないので、歩くときにどうしても踵から着地できずにつんのめり転倒しそうになる。だから、すぐに足が疲れ果ててしまう。足が疲れると左半身全てが猛烈な痺れと痛みに襲われて苦しい。。。それでも意地があった。ソフトバンクの孫正義氏が推進している再生可能エネルギー協議会の太陽光発電による休耕田へのメガソーラー設置ブロジェクトに孫正義氏の心の偽りをみたからだ。表向き太陽光発電パネルの普及による再生可能エネルギー活用を促進すると言いながら、裏では既に設置も終わり出来上がった風力発電会社の株式を金の力に任せて買い占めていたことがわかったからだ。GPI(株式会社 グリーンパワーインベストメント)という会社だ。事業内容を見ると以下の様に書かれている。1)クリーンエネルギーによる発電を含む発電事業全般2)クリーンエネルギー事業を対象とするファンドの組成、運用、管理3)クリーンエネ...
エコロジー

持続可能な社会を実現できるのか

20世紀後半から環境破壊が世界的に問題視され「持続可能な社会」をめざそうとCOPなどの世界的な取り組みが進められていいますが、ますます理想と乖離してきているのが現実です。なぜなのだろうか。人間が利便性を追求する限り、どんな「エコ製品」を作ってもそれを大量消費し、環境破壊を促進してしまっているのが現実です。人間は「生きる幸せとは何か」という価値観を根底から覆さないといけないのではないだろうか。これも「ネイチャーテクノロジー研究会」でしたことだが、割れた茶碗を再度破片を接着し修理して裂け目の上から漆で絵柄をあしらい再利用するという江戸時代から存在するこのような文化は世界中探しても日本にしかないそうです。そういえば、最近の製品は壊れたら捨てて新しいものを購入するというサイクルになってしまってないだろうか。昔はテレビでさえも映りが悪くなれば、真空管の交換をして「修理」をして再度利用したものだ。最近の電化製品は電子基板に依存しているので、調子が悪くなっても素人では到底修理などできない。「電気屋さん」でも不可能だ。だから、廃棄して、新しい製品を購入するしかない。「修理して使う」というライフスタイル...
エコロジー

環境保護と経済成長との両立について,

久しぶりに環境保護について思うことを書いてみます。現在地球環境の悪化、あるいは自然資源の枯渇などに対して、世界的に各国とも経済成長と環境保護をどう両立させるかという大きな課題に取り組もうと努力している。「環境保護と経済成長との両立は難しい」この言葉は環境と経済成長は相反するものであるという考え方が根底にある。「最も美しい森林とは、最も収穫が高い森林である」約100年前のドイツの19世紀末から20世紀初頭にいたドイツの林学者、アルフレート・メーラーの言葉だそうだ。実に考えさせられる言葉だと思う。環境保護と経済成長は本当に相反するものだろうか。環境保護に対して考え方のパラダイムを大きく転換させなければならないのではないだろうかと感じる。
エコロジー

日本人こそ日本の職人技を大切にすべき(和包丁)

以下の動画は私がまだ元気な頃、自分会社セブンシーズネットで和包丁を世界へ販売するために自分で撮影し、日本の和包丁がどのような製造工程で作られているのかを世界へ知ってもらうためにYoutubeにアップした動画です。堺の和包丁の鋼付け工程堺の和包丁の型断ち工程種子島の包丁の工程(種子島の包丁は日本の包丁作りの起源なのです。古くは平安時代源頼朝に追われ島流しにされた平清盛の孫行盛の子が京から、各種職人たちも呼び入れたことから刃物職人が種子島その技を伝承したのです。さらに種子島は砂鉄の宝庫であったということも鉄加工の技術を発展させた一因だったと言われています) 鋼の本包丁1本2万円弱である。もちろん高いものは20万近くするものもあります。1本を作るのに職人さんが述べ24時間ち近くかけて動画のような工程で汗水たらして作り込んでいくのである。それがたったの2万円弱である。僕はこれを見たときこれだけの労力をかけて作った包丁にしては安すぎると思った。こんな値段で販売するのは職人さんに失礼だと感じました。今の主婦は、いやファミレスなどの厨房の料理をする人(あえて「料理人」とは言いません)はほとんどステン...
タイトルとURLをコピーしました