重い・・・


重い・・

左腕・・

もう5年半重い・・

麻痺した左腕は全体の筋肉が

均等に働かないので

まるで肩から単にぶら下がっているだけのようなものだ

だから重い

重いはずだ・・

腕の重さは体重の約十分の一だと入院中に聞いた

ということは

僕の腕は7.5~7.6Kg

ス―パーで販売している

5kg入りの米1個半の重さの「モノ」が

常に肩からぶら下がっているようなものだ。。

オマケにこの左腕も視床痛(中枢性疼痛)のせいか

常時痺れと痛みを感じている

それはまるでビリビリと帯電しており

ときおり火花が散り、

スタンガンで撃たれたような痛みが走る。。

そんなマネキンの7.5~7.6Kgの重さの

腕をぶら下げさせられているようなものだ

もういっそ切り落として欲しいと思うことがある

でもこの腕は僕の効き腕だったのだ

水泳でも頑張ってくれた腕でもある・・

切り落とすのはあまりに虚しい・・

もし仮に切り落としたとしても

重度の感覚障害の僕の脳は

「切り落とした現実」を受け入れず

痛みという感覚だけそのまま残し、

幻肢痛という

激痛を感じさせる可能性が大きいらしい

どちらにしても

困ったものだ・・

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました