人間死ねば雲散霧消


人は死んだら魂は永遠不滅という人いる
僕はそんな事はあり得ないと考えている
人間は死ねば魂など存在せず

雲散霧消してすべて消滅してしまう

と信じている
つまり人間の身体を構成している

原子である

(C・ H・ O)に雲散霧消してしまう

と「信じている」

と言うのも

証明しようのない事だから

「信じている」としか

言いようがないのですが

ただ、たとえ人間が死んで

雲散霧消して

すべて消滅してまおうとも
その人が生きた「意味」は

永遠不滅に残ると思う

実際に「存在物」としては

その人間はこの世から消滅するけれど
その人間が存在していたことの

「意味」は消えないと思う。

なぜならその人が生きていた間に

周囲の無数の人々に

及ぼした影響はそのまま

その人達の中に残っていると思う

からだ。
例えば子供が死んでしまったとき

を想定すると

その子供が生きていたときに

その子供をかわいがり、

慈しみ愛していた親は

その子供の「存在」により

親の人間のあり方を

変化させられているのではないか

もし子供が存在していなければ、

「こんな」状態というか人格に

なっていたはずの親という人間が

子供の「存在」があったことによって、

別の状態というか人格に変化する

のではないかと思う。

 

その変化は自分では

気がつかないかないと思う。

なぜなら親という人間の身体を

形作っているそれぞれの

「要素」の中に目に見えないかたちで

含まれていくと思うから・・

そしてその「変化」は、

たとえその子供が亡くなって

雲散霧消してすべて消滅して

しまおうとも、消えることなく

親という人間の要素の中に

残り続けると思う

 

親自身は気付かなくても

その親は亡くなった子供の存在を

親自身の中に引き継ぎ、

いつまでも「生きている」と思う

このようなことが永遠不滅の子供の魂

というものではないのだろうか

それならば魂という存在を

信じない僕でも理解することはできる
 

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました