脳の損傷による痛みって・・


先日、久々に東京に上京してとある企業に行くとき結構歩いた

といってもせいぜい1.5キロくらい

でも僕にとっても地獄のような距離だった

歩けば歩くほど麻痺側の左脚が痺れてきて、

後半はほとんど感覚がなくなり、

足がどの方向に向いているのかも分からなくなり、

盲人用のタイルの2CMほどの出っ張りにつま先が引っ掛かり

転倒しそうになった

でも。。

この左足の猛烈な激痛と痺れ・・

左足には何の問題も起こってないんだ

損傷した脳が勝手に痺れと痛みを(たぶん幻覚のように)

感じているだけ・・

それが分かっているから

左足に猛烈な痛みと痺れは感じていても

心の中では

これは幻覚・・

これは幻想・・

左足には何の問題も起こっていない・・

だから休むな・・歩け!

と言い聞かせ歩き続けた

それでも

感じている猛烈な痛みと痺れせいか

額からは脂汗が噴き出していた・・

脳の損傷により

身体に痛みを感じるなんて

面倒くさい身体だ・・

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました