人生王道を歩むのは難しい


王道・・

王道を歩みながら生きるのは誠に難しい

王道とは

僕なりの解釈ではいわゆる正攻法というか、

松下幸之助流に言うと

「自然の理法」にかなった生き方というものだと思う。

王道を歩んでこそ、本物の人生の成功(経済的成功ではなく)

を納めることができるのだろう。

しかし人生、王道を歩むのは実に難しいと思う

ややもすると、

(様々な「虫の良い事」に心が誘惑され)脇道に逸れがちになるものだ

王道とは地道であり、目に見える成果が出難いものだ

一見徒労のようにも思えるものだ

だから、今自分が歩んでいる道が本当にこれで良いのか疑心暗鬼になってしまう

そのこに虫の良い誘惑が来るとつい心が揺れ、脇道に入ろうとしてしまう。

脇道は近道かもしれないが、その分危険が多くあるものだ。

僕自身自分のリハビリについてそう感じる。

毎週リハビリを続けてもう4年・・

特に目立った回復はない

だから気が焦る・・

そこへおかしな民間療法や

スピリチュアルとかを標ぼうするの輩が近づいてくると心がどうしても揺らいでしまう

それでも心をまっすぐに持ち続け、

ただひたすらに王道を行くのは難しい・・

先日の中国からのオファーに僕の心は揺らいでしまった

もしあのとき、開発者の毅然としたお断りの言葉がなったら、

脇道に逸れていたであろう

きっとそこには大きな落とし穴が待ち受けていたに違いない。

やはりどんなに辛くとも王道を歩もう。歩んでいる瞬間は

徒労のように感じるかもしれない

でも自然の理法(ある意味の常識)に従った

判断の元に行動することは辛いことの方が多いかもしれない

でもきっとその先に

僕にとっての本物の希望が見えてくると信じて自分の人生を歩もう

そして自分を信じよう、

自分を信じなければ王道なんて歩けないから・・

今、僕はそんな風に僕は自分の生き方を考えている

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました