勝手気ままな戯言

働き方改革はこれで本当に良いのか? 勝手気ままな戯言

働き方改革はこれで本当に良いのか?

久しぶりに記事を書きます。 ブログ再開です。 というのは最近のいわゆる「働き方改革」という制度?、制度というよりポリコレに過ぎないと少なくとも僕は感じています。 なぜ「働き方改革」に問題意識を持ったかと言うと、以前から問題だと感じていましたが、最近、障害者枠で勤め始めた会社が この働き方を忠実に実行しているようで、ほとんどの場合、残業は認められず、定時で帰宅しないといけないからなのです。 たとえ、仕事が多少遅れていようが、仕事が中途半端な状態であろうが、定時に帰宅しないと問題行動と捉えられてしまうのです。 僕はIT系の会社を立ち上げる前に勤めていたIT系の会社(このIT系会社から独立して会社を立ち上げた)の社長から 常日頃から 「仕事にはプロ意識を持て!クライアント様から依頼された仕事は徹夜してでも完了して完璧なサービスや製品を納期までに作り上げて納品しろ! それがプロだ!プロはサービスの対価としてお金を頂くのだから完璧なサービスや製品を納期までに作り上げて納品するのは当たり前だ! それができなければ、お金(給与)を貰う資格は無い!」 という主旨の言葉を口酸っぱく言われてきたためか、 ...
コーチングを初めて生業に決めたときの心境 人間の生き方

コーチングを初めて生業に決めたときの心境

15年前の2008年、リーマンショックが起きるまで、僕は元気なIT企業の社長でした。しかし、リーマンショック後、ある日突然、脳出血によって左半身不随の身体障害者になってしまいました。その後、状況は一気に悪化し、自己破産と離婚を経験し、かつての成功を夢見ていた生き方からは程遠い人生が待っていました。痛みと苦悩に満ちた日々が続く中、脳出血によって左半身不随の身体障害者になってから15年経過した今年、やっと僕は自分の残された力をコーチングに最大限に活かすことを決心しました。僕が持っていたスキルと経験を活かして、片手でできるコーチングビジネスを始めました。このビジネスは、話をするだけで人々を支援することができるため、僕にとって最適な選択でした。それから14年間視床痛の疼痛に耐え続けました。そうして14年後、僕はコーチングに出会い、そののスキルを磨くと決意、そして、次第にクライアントが増え始め、再び起業家としての道を歩み始めることができました。そ15年は決して楽ではありませんでしたが、僕は常に前向きな姿勢を保ち続けました。この困難な状況の中で、僕は他人の人生にも影響を与えることができる存在になり...
人間について

リベラリズム理想を掲げる理想主義の恐ろしさ

理想を掲げてられるのは人間だけ! 人間以外の生き物に理想なんてない! 人間以外の生き物は本能だけで生きている! 人間こそが理想を考えらる事ができる! 人間こそが理想に向け努力できる! それは人間の大脳皮質の成せるワザ! 理想を掲げる人は魅力的だ・・ しかし、理想を掲げる人は恐ろしい! 例えば、自由で平和で平等な世界を目指す為にいろいろ施策を掲げる人に限り、掲げた理想の反対者を粛正するのだ! 典型が共産主義者!