どんなに頑張ったところで分かってもらえないもんだね


今、やっている仕事で

言葉の裏にこんなこともできないのかって気持ち(苛立ち)が手に取るよう

にわかるような事を言われた。

片手・片足が全く使えず、常時痺れ・痛みがあるって事がどういうことか

健常者に理解してもらうことは難しいもんだね。

どんなに説明しても言葉だけじゃたぶん永遠に理解されないだろうね。

火が熱いっていうのが自分が火傷をするまでわからないようにね・・

で思うんだ

理解してもらえなければ、理解してもらえないでいい!

だったら

残っている使える身体機能で自分でまた商売起こして稼いでやるって・・ね

そして更に思うのはね

この世はなにもかも闘いだ、相手をたたきふせるか自分がたたきふせら
れるか、どちらか一つだ、自分を信じ、自分を強くしろ、世評などに惑わ
されて人を信ずるのは、それだけですでに敗北者だ

ってことかな

別にひねっくれているわけじゃないけれど

負けてたまるか

敗北者になんかなってたまるか

って

おもうんだよね

幸福でたのしそうで、いかにも満ち足りたようにみえていても

裏へまわると不幸で、貧しくて、泣くにも泣けないようなおもいを

している。でもそういうことは誰にも理解してもらえない

世間とは、本当はそういうものなのかもしれない

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました