やらなければならない事より、やりたい事


昨夜は久しぶりに再生可能エネルギー技術についての記事を書いた

いつの間にか夢中になっていて、気が付いたら、午前3時前になっていた

僕にとって、再生可能エネルギーに関する内容を書く事は、世の役にたちたいといういわゆる使命感というようなものではなく、やっていて楽しいというか、無我夢中になれるものになっている気がする

やっぱりこの不自由で苦しい身体で生きていくためには、やらなければならないという使命感のようなものより
やっていて無我夢中になれる「やりたい事」が大切だとあらためて感じた

人間は本当に「やりたい事」を見つけたとき、そこに「ヤル気」が生まれ、
楽しさを感じると思う。

たとえ、障害を負って苦しくても、

せっかく脳卒中を生き延びられた人生なのだから、

「人生は楽しまなければならない」

のではなくて、

「人生は楽しまなければもったいない」

と思うのだ

自分自身がたのしんで生きている事こそが、

周りにも幸せを与えるような気がするから、、

そんな意味で、

この身体で、「やりたい事」を見つける事ができた僕は幸せだと思う。

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました