逆境に立ってみて・・


人間は調子のいいときは、自分のことしか考えないものだ・・

順風万帆とは言わないまでも、そこそこ物事がうまくいっていれば

何か自分も「できる人間ではないか」って勘違いするものだ

ところが自分に不運がまわってきて、人にも世間にも捨てられ、

その日その日の苦労をするようになって

はじめて他人のことも考え、

見るもの聞くものが身にしみるようになるもんだ

人間はみんなが重い荷を負っている

境遇や性格によって差はあるけれど、

人間はみなそれぞれ何かしら重荷を負っている

生きてゆくということはそうものなんだ

そしてその道は険しく、遠い・・

だからこそ人間、互いに助けわなければ生きていけないのだと思う

自分の荷を軽くすることは、それだけ他人の荷を重くすることにしかならない。

人間の生きる道は遠く、生きることは苦しい、

だからといって自分だけの苦しみや悲しみだけに溺れていてはならない

障害者になってさんざん悔しい思いをして、

僕はやっとそんな事に気づくようになった

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました