自分の人生を許そう


相手を許すということは、相手を認識すること

相手がなぜ「許すことのできない」行動をしたのかを認識すること

相手は相手なりの事情があったはずだと認識できる

それをきちんと認識することで許すことができる

自分の人生についても同じ

中途障害になってしまった自分の人生を許せないというのは

人間の人生に対する僕の認識の甘さ

人間は誰しも、病に患い、老い、死を迎える

僕も人間として当たり前に遭遇する病の一つに患っただけ。

人によって人生はいろいろある。

この世界には私よりもずっとずっと辛い思いをしている人間だってたくさんいる

もっと痛みに耐えている人間だってたくさにるはずだ。

そんな中で

僕はこういう人生なだけなのだ。

ただそれだけ・・

理解してくれないと感じる周りの人への憤りも

病に対する悲しみも

そう思うことで少し気が楽になる。

これが僕の人生

だたそれだけのこと

もう、自分の人生を許そう

許すことで強くなれるような気がするから・・

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました