ことの全ては僕の責任


あの人の気持ちも分からないではない。

 

僕はたかが零細IT会社だったのに無理して、

身の丈に合わない数千万もの借入れを信金や銀行から

して返済の目処が立たない上に事業も思うように進まない

プレッシャーからストレスが溜まり、

その結果、超高血圧になり脳血管が切れ

障害者となってしまった。

ある日突然、経済的に苦しい生活を強いられるように

なってしまったあの人やあの人たち僕のことを情けない男と

蔑む気持ちも分からないではない。

 

全ては僕の甘さが原因だったのだと

よく考えてみれば今更ながら理解出来る。

 

現状の酷い人間関係を修復するためには

やはり、たとえ障害者だかといって甘えることなく

経済的成功をするしかないのだろう。

もう55歳だ。こんな身体だけれど、まだ頑張れるかな。

自分でも忍耐には自信があり、前向きに考えることにも

自信があると思っていたけれど、正直そろそろ精神的にも

体力的にも限界かなを感じてきている

 

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました