痛みってほんと人には見えないんだな、、


今日、久しぶりに猛烈な痛みと痺れに襲われた、、

左半身全体の皮を一枚剥がされ、

うちわで扇がれ風にさらされているような拷問のような激痛、、

未だに何が原因で憎悪が誘発されるのか分からない・・

たまらず、昼間っから

ベッドで丸虫のように

丸まっていた、、

でも、痛くて苦しい事も

顔にも

声にも出さない

だって、

痛い、苦しいって

叫んだところでどうにもならない事が

分かっているから、、

鎮痛剤も効かない中枢性疼痛、、

医師にも

最先端医療でもどうしようもない

中枢性疼痛、、

そんな痛みに

痛い、苦しいって叫んだところで

家族にはどうしようもないし、

困ってしまう事が分かっているから、、

それでも、、

何も訴えないと何は分からないんだな、、

家族でさえも、、

息子も家内も僕が苦しんでいるのも

知らずに

何事もないように

そして、

楽しそうに

「ちょっと出かけてくるね~!♪」

と、「大丈夫?」の一言もなく、

出かけて行ってしまう。

こんなに近くで激痛に苦しんでいても

人の痛み(身体の痛みも心の痛みも)って

分からないんだな、

気付いてももらえないんだな

これだけ医療が発達して

やっと日本でも

ペインクリニックなるものができ始めたけど

心の痛みなんていうものはともかとしても

未だに

MRIやCTなどをどんなに駆使しても

身体的痛みさえも捉えることさえできていない

もし、目の前にいる人が感じている

身体の痛みや心の痛みを同じように

感じる事ができたなら、

相手と争うこともできなくなるんだろうな

それどころか

何もできなくなるだろうな。。。

世の中も一変するんじゃないかな

って思ったりしながら、

ひとり痛みと闘っていた、、

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました