何回でも言わせろ


よく一度言った事を何回も言わせるな

或いは一度教えた事を何回も教えさせるな

という管理者や経営者がいる

僕が経営者だった頃は全く逆であった

部下といっても

零細企業だったかたっの3人だったけど・・

僕はよく

分からない事があったら何回でも聞け

そして何回でも教えさせろ

分からないままするな

何回でも聞け、それには決して怒ったりないから。。

と口酸っぱく言っていたつもりだった

なぜか

たぶんこれは僕の父の影響だろう

僕の父は中卒で北陸の福井から大阪に丁稚奉公に出てきて働いてきた

その父は自分が中卒学歴にかなりのコンプレックスを持っていたよううだ

周囲は少なくと高卒、或いは大卒の人間・・

知識ではかなうはずもない

そんな父が悔しい思いをしながら自分なりに会得した事に一つの言葉を

僕は小さい頃から耳にタコができるくらい聞かされてきた

それは

「聞くはいっときの恥、聞かぬは一生の損」

という言葉だ

ごく当たり前のことわざだけど、

きっと父学歴のない父にとっては

この言葉を支えにいろんな知識を「人に聞き」

会得してきたのだろう

そんな父の影響か

僕はいつの頃からか

部下が分からないことを「聞かず」に失敗されるより

分からないことは何度でも聞いてもらい。何度でも教えるべきだ

そんな風に思うようになっていた

だから

よく一度言った事を何回も言わせるな

或いは一度教えた事を何回も教えさせるな

という管理者や経営者を見ると

あんな風に言われると部下は

一度教えられてうっかり忘れてしまった事でも

聞く事に「恥」でなくとも罪悪感や

「上司に叱られる」という恐怖を抱き

聞かずに分からぬまま仕事をしてしまい

失敗の原因になるんじゃないか

と感じる

何回も言わせるなとか

何回も教えさせるな

と上司や管理者や経営者が言うのは

時間を無駄するな

というようにも聞こえるけれど

僕には

「分かるまで何回も教えない」

という

上司や管理者や経営者の部下の教育に対する

単なる怠慢にしか聞こえない

だから僕は部下には分からないなら、何回でも聞け

分からないままするな

何回でも言わせろ

と言ってきた

そして聞きづらい雰囲気は

極力なくすように努めていたつもりだ

それでも、もちろん簡単な事を10回も20回も聞いてきたら

さすがに心の中では「いい加減に覚えろよ」とは思っていたが・・

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました