最近の後遺症の症状・・


最近の後遺症の症状・・

以前と変わってきている・・

脳が損傷すると身体のいろんなところに不具合が出てくるもんだ

痺れとか明確な症状ではなく、

症状がどんどん未経験の症状に変化してきているような気がする

とくに今日は体全体がコールタールのよな感じで

ドロっとしたような異様な重さを身体に感じている

そしてコールタールの中に埋もれているようだ・・

出られない・・外へ・・

更に五感もおかしい

温感・冷感・視覚・聴覚・触覚・・

見るも聞くも、触るもがまるで夢の中のようである

そして痛覚

あらゆる感覚があきらかにおかしい

僕は脳の中心部が出血したから脳の中心部を損傷している脳の損傷するということは、

単に手足が不自由になるよいう運動麻痺という「身体障害」

だけでなくこの世を生きるために必要な感覚

うまくいえないが

この世を感じとるための感覚までもが麻痺してきているような気がする。

今、こうやって文章をかけているように言語中枢には問題がない

思考中枢もだ

でも

この世を感じ取るというか空間を感じとる感覚がおかしい

自分の身体イメージさえも薄くぼやけてきているような気がする

かなりつらい・・

こうやって思考自体は問題なくえきているのに・・

でもこの思考自体も自分の中だけのことなのかもしれない

僕は本当に今、生きているのだろうか

もしかしたら

本当は僕は昏睡状態で植物人間になっているのではないだろうか

とさえ思える・・

脳を損傷するということ・・

こわいとおもう

そして脳を完全に損傷するということ(つまり脳死)は完全な死を意味する

と今実感している

たぶんこの世を何も感じることができなくなるだろう

それは少なくとも僕にとって「この世の消滅」であり、

魂や精神でさえも消滅するのだろうと感じる

投稿者プロフィール

代表
京都の某経営コンサルタントに従事
神戸の中堅IT企業にてWEBシステム構築や各種企業向けシステム構築のプロジェクト・マネージャーとして従事
神戸にてIT起業を起業し、代表取締役に就任
その後リーマンショックの影響で業績が急激に低下しに起因し、
血圧上昇と同時に基礎疾患のモヤモヤ病により脳出血発症し、
左半身不随の障害者となり会社は廃業、自己破産して、一時絶望
2020年まで障害者枠で非正規雇用の契約社員にて様々な企業に従事
2021年に再起をかけ、半身不随の身体でも出来るビジネスと踏んで
プロコーチを目指しコーチングノウハウを修行
2022年に、いつの日か個人事業主や企業経営者のコーチや個人のライフコーチとしてコーチングビジネスをするスタートする為、コーチング認定試験に合格し、認定コーチとなり、左半身不随障害者でも可能なあらゆる事業展開予定。
座右の銘は平凡ですが「ネバーギブアップ」です。
タイトルとURLをコピーしました